ブログ

憲法講師してきました

先日、福岡県労連さんで、憲法についての講演を行いました。

 

自民党から改正憲法草案が出されていますが

これを今の憲法を比較することで

憲法についての近いを深めることができます。

ですから、改憲草案、とってもいい教材なのですよ。

さて、

憲法には、国民の「自由」が多く規定されています。

何からの自由か、というと、「国」からの自由です。

これ以上、「国」は「国民の自由」を制約してはいけないと

というルールですね。

このルールを守らなければならないのは、「国民」ではなく「国」です。

つまり、憲法は、「国」(わかりやすく言えば政治家とか行政とか)に与えられた

ルールブックなのです。

 

国民の自由の話に戻りますと、

例えば、改憲草案には、表現の自由の項に新しい規定があります。

 

現行憲法 第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、

これを保障する。

改憲草案 第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由を保障する。

2  前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを

目的とした活動を行い、並びにこれを目的として

結社をすることは認められない。(←New!)

 

このように、第21条には2項が新設されていますね。

 

「結社」というと秘密結社みたいなイメージですが、

多数の人が政治、経済、宗教、芸術、学術、社交など

さまざまな共通の目的をもって、継続的に結合することを「結社」といいます。

労働組合も弁護士会もアイドルのファンクラブも、

よくある「●●の会」みたいなのも、みんな「結社」です。

 

で、今の憲法では結社の自由は保障されていますが

改憲草案では

「公益及び公の秩序を害することを目的として結社」

については、会を作ること自体を認めない、としています。

 

これはとっても大きな、そしてよくわからない制約です。

「公益及び公の秩序を害する」って、どの程度のものなのでしょうか?

それを誰が判断するのでしょうか?

改憲草案の説明によれば、オウム事件を念頭においているようですが、

少なくとも、それより広範な制約が可能なように思えます。

 

自由は、それを享受している間は有り難みが無く、

制約されてはじめて「昔は自由だったなあ」と感じるものですよね。

 

しかも、表現の自由は、一度制約されてしまうと

元に戻すのはとても難しいと言われいます。

だって、「元通り、自由に会を作りたい!」と求めることを目的とした会を作ろうとしても

その会を作ること自体、認められないかもしれません。

そうすると、そういう声は政治的な力を失っていくのかもしれません。

 

・・・そいう風に

改憲草案と今の憲法を見比べると、

憲法についての理解が深まるでしょう?

今回の講演では時間の都合でここまで踏み込めませんでしたが

また機会があれば、わかりやすくお話ししたいと思いますー。

関連記事

  1. 未払い賃金の時効 5年に?
  2. 登記事項証明書(不動産)の取り方
  3. アスベスト被害、訴訟外で和解!
  4. 核兵器禁止条約って何? -第2回-
  5. 『働く人のための「働き方改革法」実践マニュアル』発刊!
  6. 取締役は「労働者」?労働者性を考えるポイント
  7. アスベスト被害、福岡地裁に提訴!第二陣
  8. コーヒー 実力も運のうち?ハラスメントの本質を考える

最新の記事

  1. みのりカフェの日替わり定食
  2. コーヒー
  3. 天拝山の山頂からの
PAGE TOP