交通事故について

交通事故は、ある日突然やってきます。そのため、被害にあわれた方の多くは、怒りや不安などの様々な感情に苦しめられます。しかし、そのような間にも保険会社による手続きは進んでいくのです。そして、ある日突然、示談書等の書面が届き、比較的短い期間で返信をするよう言われることもります。その場合、正常な判断をする時間もないまま署名押印してしまい、適切な賠償を得られないこともあります。

 

交通事故により生じる損害は、生命や身体など、本来お金では償うことの出来ないものばかりです。それならば、せめて失われたものに見合った適切な賠償がされるべきです。はかた法律事務所では、被害にあわれた方に寄り添い、適切な賠償を得られるよう最大限のサポートを目指していきます。


請求手続き・解決方法

①被害者請求
被害者の方が、自動車損害賠償責任保険を運営する保険会社(以下「自賠社」といいます)に対して、自賠責保険金の支払いを請求する手続きです。
被害者請求では、後遺障害等の認定に有利な資料を添付して請求できるメリットがあります。他方で、被害者の方が、ご自身で認定に必要な資料を集めなければならないというデメリットがあります。

②事前認定
加害者側の保険会社(以下「対人社」といいます)が、保険金を支払う前に、自賠社へ自賠責保険金支払いの是非を確認することを事前認定といいます。
被害者の方が対人社へ後遺障害等の賠償を求めることにより、対人社が、認定に必要な資料を集めて自賠社へ送付します。

事前認定では、被害者の方がご自身で資料等を集める必要がないというメリットがあります。他方で、後遺障害の認定がされても自賠責保険金が支払われるわけではないこと、被害者の方が送付する資料を選択できないというデメリットがあります。
なお、加害者が自賠責保険がない場合やひき逃げの場合、人身傷害保険会社に対して事前認定を求めることが出来る場合があります。

③その他、請求手続・紛争解決手段
上記2つは、あくまで保険会社への保険金請求手続きの1つです。交通事故に関する請求手続きや紛争解決手段には、保険会社との交渉、ADR(裁判外紛争解決手続)や訴訟など、様々な制度があります。また、一度後遺障害認定をされても、異議申立てや紛争処理申立てといった、認定の変更を求める制度もあります。被害者の方は、これらの制度の中で、適した制度を選択していくこととなります。


はかた法律事務所の役割

交通事故の紛争は、実は高度な専門性のある分野です。法律的な知識はもちろん、人がケガをしたような場合には、医学的な専門知識が必要とされる場合が少なくありません。はかた法律事務所は、設立初期から医療過誤訴訟などの医療分野も扱っている法律事務所です。そのため、医療分野を得意とし、人身事故に対する適切なサポートが可能です。