パワハラ相談室


パワハラ(パワーハラスメント)とは?

パワーハラスメントとは、


同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為


であると一般的に定義されています。

(「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」平成24年3月15日厚生労働省職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議WGより)


典型的な行為類型は?

上のワーキンググループが類型化したものは次のとおりです。

 

 1 暴行・傷害(身体的な攻撃)

 2 脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)

 3 隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)

 4 業務上明らかに不要なことや遂行不能なことの強制、仕事の妨害 (過大な要求)

 5 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた 程度の低い仕事を 命じること

   仕事を与えないこと(過小な要求)

 6 私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)


損害賠償請求のためには「違法性」があるかが問題

法律相談を受けると、「パワハラ」に当たるかどうかと聞かれますが

損害賠償請求では「パワハラに当たるかどうか」ではなく、

「違法な行為かどうか」で判断されます。

 

違法な行為がどうかは、

 正当な職務の範囲内かどうか、という視点で

 具体的な事情(考慮要素)から総合判断されています。

  具体的な事情(考慮要素)とは

   ■その行為の目的(なんのために)

   ■その行為の態様(どんな風に)

   ■その行為の継続性(どのくらいの期間、回数)

   ■被害者と加害者の関係性など です。

 

参考までに、違法性についての参考裁判例をあげておきます。

 違法と認められた裁判例

  ①人事課長の叱責が従業員に対する注意、指導として

   社会通念上許容される範囲を超えている(広島地判松江支部平21年5月22日)

  ②組合のマーク入りベルトを着用して就労した労働者に、

   2日間就業規則の書き写しをさせた(最小判平8年2月23日)

  ③特定政党支持者に対して行われた監視、ロッカー無断点検、仲間はずし

   (最小判平7年9月5日)

  ④部下に対する行き過ぎた非難メール(東京高判平17年4月20日)

  ⑤平手で頭を殴打、足蹴、エアガンでBB弾を打つ、アダルトビデオ100本を

   売りつけた(横浜地判平23年1月26日)

  ⑥工具で頭を殴る、「死ね」「馬鹿」、外出止めとして身分証を取り上げ、

   反省文100枚を書かせ、それを後輩に面前で朗読させ、

   5か月間禁酒を迫った(静岡地裁浜松支部平23年7月11日)


誰になにを請求できる? 弁護士に依頼した場合はどんな方法で進むの?

パワハラでの法的手段は、セクハラの場合とほぼ同様です。

詳しくは、「セクハラ相談室」をご覧ください。 


当事務所での解決事例

■ 新入社員(調理師)が、職場で失敗する度に上司から暴力を受けていた事例。

   労働審判にて会社から相当額の解決金を支払いを受け解決。

■ 化粧品販売員が社内研修会で上司からコスプレを強要された事例

   一審で違法と判断され、控訴審で会社が相当額の解決金を支払うことや

   再発防止を約して和解。