弁護士費用についてのご説明

弁護士費用の種類

弁護士費用には、大きく分けて、

■着手金

 仕事をご依頼された際にお支払いいただく手数料  

■成功報酬

 仕事の成果が上がった際(終了時)にお支払いいただく手数料

■実費

 仕事にあたって必要となる経費(印紙代、切手代、鑑定費用等)

という3種類があります。

仕事のご依頼をいただく際には、着手金のお支払いと実費の予納が必要となります。

※以下のご説明では消費税抜きの金額でご説明いたします。

金銭請求の場合

以下は、一応の目安の金額です。

お引き受けする仕事の内容、難易度などにより、前後することがあります。

詳しくは、弁護士にご相談ください。

お見積もりだけでも大丈夫です。

 

相手に対して、お金の支払いを求める場合

または

相手から、お金の支払いを求められている場合

 

■着手金 支払いを求める金額(支払いを求められている金額)を基礎として

 300万円以下の部分 8%

 300万円を超えて3000万円以下の部分 5% 

 3000万円を超えて3億円の部分 3%

■成功報酬 相手から支払われた金額(相手の請求を排斥した金額)を基礎として

 300万円以下の部分 16%

 300万円を超えて3000万円以下の部分 10%

 3000万円を超えて3億円の部分 6%