医療過誤について

医療過誤とは、「検査結果を見落として病状が悪化した」「薬の投薬量を間違えた」のような医療機関における医療ミスのことです。医療機関側の過失に基づく医療ミスが起きた場合には、医療機関に対し損害賠償を求めることができます。ただし、すべての医療ミスに対し損害賠償がなされるわけではありません。法的に損害賠償が認められるには、①医療機関側に過失(落ち度)がある、②医療ミスと結果に因果関係がある、③損害が発生している、という三つの要件を満たす必要があります。


請求手続き・解決方法

はかた法律事務所では、まず医療過誤の調査のご依頼をお受けいたします。損害賠償請求には前述の3つの要件を患者側が証明する必要がありますので、カルテ等をみて診療経過の確認、医療文献の検討、医師(問題となる医療機関と異なる)に意見を聞くなどして、要件を満たしているのか、それを証明することができるのかを判断します。


調査の結果、証明できると判断した場合は、医療機関に対し請求書を送付し、交渉を行います。交渉で解決が見込めない場合は、裁判を起こします。
医療過誤の裁判は、一般的に複雑で困難な事件であるため長期化することが多いです。


はかた法律事務所の役割

医療過誤問題は特に困難で専門性が高いので、取り扱う弁護士の数も多くありません。その中で、はかた法律事務所は事務所開設以降、常に医療過誤問題を取り扱ってきました。多くの事案を扱ってきたことで、その実績とノウハウがあります。また医師や他事務所の弁護士との協力体制を整えております。


医療過誤問題に直面する多くの方々にとって大事なことは、損害賠償請求はもちろんのことですが、真相の究明や医療ミスに対する謝罪だと思います。残念ながら、強制捜査ができない立場からの真相の究明、訴訟による謝罪は期待できないのが事実です。しかし、少しでも癒され、当たり前の生活や前向きな日々を取り戻すことはできると考えています。はかた法律事務所では、患者の方やそのご家族の方の声を聴き、その思いを最大限実現できるよう医療過誤問題に取り組みます。