医療事故とは

手術のミス、投薬の間違い、不適切な処置・治療などによって患者に深刻な後遺症が残ってしまったり、不幸にも亡くなってしまたりすることがあります。このような場合には医療機関に対して損害賠償(補償)を求めることができます。

 

ただし、悪い結果が生じた場合ならすべて補償(損害賠償)が認められるというわけではありません。法的に損害賠償が認められるのは、次の要件を満たす場合です。

 

① 医療機関側に過失(落ち度)がある

② 結果との因果関係がある

③ 損害が発生している


そして、医療訴訟では、これらをすべて患者側が証明しなければならないことになっています。



医療事故と弁護士のかかわり

医療事故の損害賠償請求では、上記の①〜③を患者側が証明しなければいけません。

しかし、医療の専門家ではない患者がこれらを証明するのは容易ではありません。

そこで、わたしたち患者側の代理人になる弁護士は、まずは「調査」としてご依頼をお受けいたします。


医療事故調査では、訴訟をした場合に勝訴の見込みがあるかどうか、という観点で行います。

具体的には、カルテを見て診療経過を確認したり、医療文献を探して検討したり、関連する分野の医師に意見を聞くことができる場合には聞いたり、同じく医療事故を取り扱っている弁護士の研究会で検討したりして、勝訴の見込みを判断するのです。

 

多くの方にとっては、大事なのは真相の究明であったり、謝罪であったりして、訴訟で勝つかどうかではないかもしれません。

しかし、弁護士は警察のように強制捜査ができるわけではありませんから、真相究明といっても、限界がありますし、そもそも訴訟というのは謝罪を求めるものでもありません。

そういった意味で、傷ついている患者さんやご家族に対して出来ることは限られているのです。

出来ることは限られてはいるのですが、わたしたちは、患者さんの声をきちんと聞き、その気持ちに寄り添いながら調査を進めていきたいと思っています。



ご相談の際にこんな疑問にお答えします

Q カルテを取得する方法は?

Q どんな場合に医師に過失ありといわれるの?

Q 誰に請求するの?

Q 何を請求できるの?

Q 何年で時効になるの?

Q 医療事故調査制度とは?

Q 患者の権利オンブズマンとは?